アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NMB木下(18) AVの真似をした写真を公開して批判され逆ギレ 「18歳ならAVぐらい見るだろw」

1:2015/09/02(水) 13:24:38.20 ID:
木下百花(きのした ももか)
ガラスにKISS(アダルトビデオでたまにあるやつ)

http://twitter.com/wanderlandlove/status/637637951392870401

木下百花(きのした ももか)
いや18やったらアダルトビデオの1つ2つ見るやろなんやこんなことで騒ぎおって、、、。
ちなみに見てるときはボーッとしながら若干半笑いで推しを誰にするか悩んでる。
続きを読む

乃木中よりNOGIBINGOのほうがメンバー達が楽しそうだよな

1:2015/08/25(火) 22:25:09.33 ID:
乃木坂ちゃん達はよっぽどバナナマンが嫌いなんだろうなw
続きを読む

【乃木坂46】まなったんは処女?

1:2015/08/30(日) 13:01:54.18 ID:
どうなの?
続きを読む

【AKB48】宮脇咲良 これぞエースの資質 運動音痴ぶり発揮で「大運動会」主役

1:2015/08/30(日) 10:35:12.86 ID:
AKB48のエース候補・宮脇咲良(17)の「資質」を再確認した。

8月25日に東京ドームで行われた「第1回AKB48グループ対抗大運動会」。
各グループのメンバーが50メートル走、障害物競走などで熱戦を繰り広げたが、
主役の座に就いたのは、運動が苦手な宮脇だった。

本来、運動会は運動が得意な人が注視される。
しかし、AKBはスポーツの集団ではないから、運動能力の優劣を競ってもあまり意味がない。
大事なのはエンターテインメント性で、極論すれば面白くありさえすればそれで良い。
宮脇はあまりの運動音痴ぶりを発揮することで、会場を笑いで包み続けた。

まず、足が遅すぎるのが“魅力”だった。
50メートル走に出場したが、自分が25メートルくらい走った時点で1位の走者はゴールインしてしまっていた。
ダブルスコアとも言える結末だ。
走法も独特で、なぜか、あごが極端に上を向いていた。
奇妙な走法を指摘された本人は「風の抵抗を少なくしたかった」と弁明したが、風の抵抗を
少なくするためには頭を低くしなければならないはずで、それがまた笑いを生んだ。

そして、大傑作は大縄跳びの際に生まれた。
この大縄跳びは十数人が並んで縄を跳び、その回数を争う競技で、出場者は縄に
足を引っ掛けないようにジャンプし続ける。
ジャンプも苦手な宮脇が参加したチームは、宮脇がいるために記録を伸ばせないことは容易に想像できたが、
記録が伸びないだけでは終わらなかった。

宮脇は必死の形相で跳び始めたが、跳んでるうちに徐々に横にそれ始めた。
それは、縦に跳ぶことだけに集中するはずの競技ではあり得ない動きだった。
観客が固唾(かたず)をのんで見守っていると、とうとう宮脇は縄が届かない所まで行ってしまった。
本人は何が起きたか分からないというような表情。
会場の大型モニターには、この場面が何度も映し出され、その度に爆笑が起きた。

宮脇は何か不本意な結果になった時の表情が良い。
ハトが豆鉄砲を食らったような顔になる。
大きく見開いた目はまん丸。まったくけれん味がない。
ふだん知的でしっかりしているイメージが強いだけに、運動のダメぶりとのギャップが楽しい。

この日、AKB側もその愉快なキャラクターを前面に押し出そうとしていた。
最終種目のチーム対抗リレーで、走者の一人に宮脇を選出した。
ただ勝敗を競うのなら、足が遅すぎる宮脇を選ぶわけがない。
大切なのはエンターテインメントなのだ。
案の定、宮脇のチームは宮脇がいるために敗れ去ったが、ファンはその“伝説の走り”に沸き返り、酔いしれた。

大会終了後、関係者は「結局、この運動会は宮脇が全部持って行っちゃいましたね」とつぶやいた。
エースの座は本当に近いかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000090-spnannex-ent

AKB大運動会で運動音痴ぶりを発揮し、主役の座を射止めた宮脇咲良

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000090-spnannex-ent.view-000
続きを読む

「ももクロのようなグループをもう一度作れるか?」ももクロのマネージャーに聞いてみた結果

1:2015/08/30(日) 13:56:35.68 ID:
答え:出来ない

川上『無理。同じ事ができないから、大切な5人なんだ』



@xxxxxx: 今月のPICT UPの本広監督のインタビューです。「川上さんにももクロのようなグループをもう一度作れますか?って聞いたら、
『無理。同じ事ができないから、大切な5人なんだ』って。普通なのに普通じゃない不思議な5人です。」
その通りですね。
続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。