アクセスランキング
男性芸能人

カテゴリ:男性芸能人 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GACKT「今更“セレブ”なんて陳腐な言葉でボクを表現するのを辞めて貰いたい」 一部報道に不快感

1:2015/05/29(金) 15:16:59.41 ID:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00000022-nksports-ent 
歌手のGACKT(41)が、自身を“セレブ”と表現する一部報道に嫌悪感を示し、
「ハッキリと言わせて貰いたい。今更“セレブ”なんて陳腐な言葉でボクを表現するのを辞めて貰いたい」と苦言を呈した。

 28日にブログを更新したGACKTは、一部報道に対し「ボクの私生活がミステリアス過ぎる…とか、
収入源はどこからはいっているのか?…とか、挙げ句の果てには、セレブキャラに転向!…とか、
勘弁して貰いたい話だ」とゲンナリ。
自身について「ボクは、仲間の誕生日パーティーをサプライズで開いたりしてみんなの喜んでる姿に
ただ喜んでるだけの…、いわば、かなり単細胞な人間だ」と主張した。

 “謎が多い”とされることについては「謎なんて多くない。ただ、今までは生活スタイルを見せてこなかっただけに過ぎない」と説明。
また、高級外車を購入できる財力について「ボク自身の収入が多いことがそんなに駄目なことか? 
ボクの仕事は音楽や芸能だけじゃない。他にいくつもこの10年で組み上げた事業がたくさんある。
それをいちいち報告しなきゃ行けないのか?」とつづった。
続きを読む

テリー伊藤の発言に批判相次ぐ ミニスカ女子出せば視聴率取れる…

1:2015/05/25(月) 21:17:30.61 ID:
タレント・演出家のテリー伊藤さんによる歯に衣着せぬ発言が、またしても波紋を呼んでいる。
今度はNHKの番組に出演し、今のNHK番組は60~80代しか見ない、ミニスカートをはいた子が司会をやるだけで視聴率は上がる、などと提言したのだ。

番組放送中からテリーさんの発言に疑問を呈する声が続出、ネット上で物議を醸している。
NHK記者とテリーが「ミニスカート」論争

テリーさんが出演したのは2015年5月23日に放送された「ハーバード白熱教室」(NHK)。

インターネットの中でニュースや映像コンテンツがどのような役割を果たすべきか、公共放送はどんな情報をどんな手段で発信するべきか。
「公共放送の未来」をテーマに、マイケル・サンデル ハーバード大教授とNHK含む世界各国から集まった公共放送局職員らがスタジオで議論した。

テリーさんの発言は「視聴率の低いまじめな番組」と「視聴率の高い娯楽番組」どちらを優先的に作るべきか、という議論の中で飛び出した。

サンデル教授から民放出身者と紹介されたテリーさんは、まじめな番組だからといって視聴率を取らないのは間違い、と持論を語り、
「今の番組だとNHKは60代、70代、80代しか見ないという現状。どこか固いです」「たとえばミニスカートをはいたかわいい子が
司会をやるだけで数字は上がります。批判はあるかもしれないが、それによって若い子が見てくれれば、それでまた良いと思うんですよね」と続けた。

これを受け、サンデル教授はNHK報道局所属の草場武彦記者に話を振る。
草場記者は、ミニスカートかどうかは別だが多くの視聴者に見てもらう努力を今後も続けなければならない、
としたものの、ミニスカート発言については否定も肯定もしなかった。

しかし、サンデル教授は「私はあなたがテリーさんにもっと強く反論するだろうと思っていた。
彼はまじめな討論番組の視聴率を上げたければ若いミニスカートの女性に司会をさせればいいと言ったんですよ?賛成ですか?」と改めて問いただした。

草場記者は慌てて「No」と否定し、ミニスカートの女性を出すと視聴者に違った空気感を与える、それが逆にマイナスに働くかもしれないと語った。

発言を否定された形のテリーさんは割り込むように「ミニスカ―トがマイナスになるんですか?」と反論、
草場記者はこれに「わかりません!大事なのはミニスカートではなくて、ちゃんとしたミニスカートを穿いた女性がちゃんとした
議論が出来るかどうかであって...」と応戦した。2人の間に座るイギリス国営放送(BBC)職員は、苦笑いを浮かべていた。

雰囲気を変えようと考えたのか、テリーさんとともにゲスト出演した二ワンゴの杉本誠司・代表取締役社長が
「僕らは番組の中のアイデアや企画にどうやってオーディエンスに近いアイテムを入れていくのかをもっと考えなきゃいけない」とまとめた。
「ミニスカポリス」ではスカートの中を撮影

「ミニスカ―ト」発言は、放送中からネット上で物議を醸していた。ツイッターには、

「ミニスカ履いた可愛い子が司会してれば若者はテレビを観るとかいう意識のやつがつくってる日本のテレビをこの先観ることはないだろうな」
「そうやってテレビの人たちが若者をバカにしてるから、若者が離れていくんだってば」

と相次いで批判が寄せられた。中にはジェンダー的な観点からテリーさんの発言を時代遅れだと指摘する人もいる。

しかし、一方で、
「実際間違ってないから。テレビってそーゆー層のものだし」
「美男美女出てれば見る層は確かに少なくなさそう」
とテリーさんの意見に共感を示す声もないわけではない。

ちなみに、テリーさんは1996年から2001年まで深夜放送されたバラエティ番組「出動! ミニスカポリス」(テレビ東京など)を企画していた。

さとう珠緒さんや来栖あつこさんなど数多くの有名タレントを生んだ番組だが、出演するグラビアアイドルや
レースクイーンを脱衣させたり、全裸の男性が追いかけたりと、お色気要素に満ち溢れていた。

テリーさんもたびたび番組に登場、ミニスカートの間にカメラを忍ばせて中を撮影するなど大活躍していた。
その模様はYouTubeにアップロードされた「ミニスカポリス パンチラ集」などの動画に収められている。

http://news.livedoor.com/article/detail/10151853/
2015年5月25日 15時28分 J-CASTニュース
続きを読む

【テレビ】テリー伊藤「今日は化粧が薄い。近くで見るとあんまりかわいくないね」 上西小百合議員に言いたい放題

1:2015/05/24(日) 10:31:37.68 ID:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000017-nksports-ent
維新の党と大阪維新の会から除名処分を受けた“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(31)が24日、
TBS系「サンデー・ジャポン」に生出演した。

 「テレビ局から生中継というのも初体験で、芸能人の皆さんに囲まれるっていうのもねえ、
初体験なんで」とあいさつすると、テリー伊藤から「今日は化粧が薄いよ」と突っ込み。
デーブ・スペクターからは「ショーパブだと思えばいいよ」といじられた。

 さらにテリーからは「そばで見ると、あんまりかわいくないね」と畳みかけられ苦笑していた。
続きを読む

芸能界「失言の黒歴史」(3)爆笑問題・太田の「ポップジャム事件」

1:2015/05/13(水) 18:45:10.71 ID:
お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、不仲であることを公言しているホンジャマカ・恵俊彰と、
4月18日に東京・新宿御苑で行われた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で
顔を合わせたことを4月21日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で語った。

「4月7日放送の同番組でも恵について、『つまらないの代名詞』『腹黒い』などと語っており、
相方の田中裕二によると、二人は相当に気まずかったようで、太田は恵の顔を見るや『うわっ』と拒絶反応を示したそうです。
あまり多くは知られていませんが、爆笑問題とホンジャマカは同期で、売れない不遇の時代を共に過ごしてきた良きライバルだったのが、
ホンジャマカが先にブレイクしたことで当時の恵が天狗になり、確執が生まれたとのことです。
芸人の結婚式でも太田は『恵の席と別にしてくれてありがとう』と語ったとか」(芸能記者)

 そんな太田の舌禍事件は枚挙にいとまがない。ラジオでビートたけしの代役を務めた際には「たけしは死にました」と切り出し、
犬猿の仲の水道橋博士が局へ乗り込んでいる。
また、雑誌でダウンタウン・松本人志のファッションを「アディダスの広告塔」とやらかし、土下座させられるハメになったことも。

「一番印象的だったのが、『ポップジャプ』(NHK)の事件でしょう。太田はゲストであるラルク・アン・シエルに向かい、
勢いよく『ヴィジュアル系!』とやってしまった。彼らにとってこの言葉はNGワード。
この禁断の一言に怒ったラルクは本来なら2曲のはずのプレイを1曲のみで終え、ふて腐れて帰っていきました」(前出・芸能記者)

太田の周りは常に「遺恨」だらけ。次の標的はいったい誰に?

http://news.livedoor.com/article/detail/10107934/
2015年5月13日 17時59分
続きを読む

【日テレ】上重聡アナに「会長に枕営業していたとしか思えない」と疑問の声

1:2015/04/05(日) 14:33:06.76 ID:
『スッキリ!!』MC・上重聡アナ、億ション供与謝罪も「枕営業したとしか思えない」と疑問の声
2015/4/3 14:52

『スッキリ!!』(日本テレビ系)公式サイトより

 一部週刊誌にスポンサーから便宜供与を受けていると報じられた、日本テレビアナウンサー・上重聡が、
3日放送のレギュラー『スッキリ!!』生放送の冒頭で、約40秒間の謝罪を行った。「今回、視聴者の皆さんを
はじめ、多くの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけいたしました。大変申し訳ありませんでした」として
深く頭を下げた上重アナだったが、その後はすぐにコメンテーターの紹介へと移り、この一件について
それ以上の言及はなかった。そのため、ネット上では「スッキリしなさすぎだろ」と批判が飛び交っている。

 1日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、上重アナが自宅マンション購入の際、番組スポンサーのABC
マート創業者である三木正浩氏元会長から、無利息で融資を受けていたとスクープ。しかし同誌発売日
である1日放送では、この件を完全スルーし、同日夜になって「個人的なご厚意の申し出に甘えたことに
よって、疑念をいだかれるような結果を招いたことは、私の不徳の致すところで深く反省しております」
という上重アナの謝罪FAXが同局より配布された。

 そして1日遅れの謝罪に、ネット上では「初日はスルー、翌日にとりあえず謝罪で許されると思ってる
のか?」「ご好意で億ションとかあり得ないだろ」と批判が集中。さらに、スポンサーからの高額すぎる
融資についても「怪しすぎる関係」「会長に枕営業していたとしか思えない」などと風評も飛び交う事態と
なってしまった。

 なお、上重アナは今後も『スッキリ!!』レギュラーを続投することとなりそうだが、「かつて横領
疑惑が『週刊文春』に報じられた馬場典子アナも、徐々にレギュラーを降板していき、最終的に同局を
退社することとなりました。上重に関しても、様子を見ながら今後降板という措置が取られてもおかしく
ありませんね」(芸能ライター)という。

 レギュラースタートとほぼ同時にスキャンダルを報じられるという、山本モナ以来の失態に見舞われて
しまった上重アナ。もはやどう動いても視聴者を“スッキリ”させることは難しそうだが、今後の成り行きに
注目が集まる。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150403-00010000-cyzowoman
続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。