アクセスランキング
ジャニーズ

カテゴリ:ジャニーズ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐以上に仲が冷め切っているジャニーズグループとは?「談笑しているところ見ない」

1:2015/04/28(火) 22:55:30.90 ID:
『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)がAmazonベストセラー商品ランキング総合10位以内に入る快走を続けている。

同書は、元嵐の側近スタッフが証言したという暴露本。
「仲が良い」と言われている嵐が、「実際は不仲だった」というエピソードが紹介されており、芸能界に衝撃を与えた。

だが、嵐ファンたちの反応は、意外にも冷ややかだ。

「非公式の本」「信憑性がまったくない」というものから、「この本を買った時点で、嵐のファンではない」とまで言われているように、
ファンは衝撃を受けていない。ある意味では、都市伝説と同じような扱いになっている。

では、実際に嵐は不仲なのだろうか?

ジャニーズメンバーをよく見かけたという、麻布界隈の飲食店に勤務していたスタッフに聞くと、
「ジャニーズのタレントの中には、デビューしたばかりの頃に、ほかのグループを嘲笑するような方もいましたが、
嵐のメンバーがそのような話をしているのは聞いたことがないです」と証言する。
 
一方で、「仲睦まじく遊んでいる姿も見かけません」とも付け加える。

逆に、仲が良いジャニーズグループはという問いには「以前、関ジャニ∞のメンバーの方がプライヴェートで遊んでいるのを見たことがあります。
あとは、タッキー&翼。TOKIOあたりでしょうか」と教えてくれる。

また、とある制作会社関係者は、嵐以上にKinki Kidsの関係がビジネスライクだと語る。

「2人が休憩中などに談笑している姿はほとんど見かけません。お笑い芸人の方々のように、割り切っているのでしょう。
今回、嵐が不仲だと報道が出ましたが、不仲というよりも仕事とプライヴェートを割り切っているということでしょう。ごく自然なことだと思いますよ」とのことだ。

ジャニーズタレントも仕事人。一般の会社員がプライヴェートで同僚と遊ばないのと同じようなものなのかもしれない。

http://news.infoseek.co.jp/article/tocana_37870
tocana(2015年4月28日09時00分)
続きを読む

【芸能】 渡部と正反対 佐々木希も愛想尽かした二宮和也の“ケチ臭さ”

1:2015/04/26(日) 09:34:50.83 ID:
 元NHKの神田愛花アナ(34)とバナナマンの日村勇紀(42)、佐々木希(27)とアンジャッシュの渡部建(42)の熱愛騒ぎ。
どちらもビックリだが、佐々木は以前は「嵐」の二宮和也と交際していたから、アイドルからの乗り換えだ。「ニノに佐々木が振られた」という説もあるが、佐々木が愛想を尽かした面も否めない。

 渡部は昨年、グルメ本「芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒」という本まで出した“おもてなし”のプロ。佐々木とオシャレな都内の隠れ家で食事を楽しんだりしたが、二宮は渡部とは正反対の行動パターンの男なのだ。

「番組でもしゃべっているのですが、二宮は見た目と異なり、年末年始に1年間の領収書の整理をするような、およそ芸能人らしくない地味な男です。
それでタクシーの領収書が何枚もなかったなんてしゃべり、ケチ臭いんです。
しかも、友だちが少なくて部屋にこもってゲームばかりやっている“オタク”。
特技は華麗なトランプさばきだから、佐々木にしてみれば面白みがない。
相葉雅紀とも付き合ったという話もあったけど、佐々木はチマチマしたジャニーズの男が嫌になったともいえます」(マスコミ関係者)

 佐々木がケチな男から“おもてなしの男”に乗り換えたともいえる。モテるにはマメなのが一番ということだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150426-00000012-nkgendai-ent
続きを読む

元KAT-TUN・田中聖の「上から目線」発言に批判殺到

1:2015/04/25(土) 08:12:39.00 ID:
5人組バンド・INKTで「KOKI」として活動中の元KAT-TUN・田中聖(29)。
4月25日に2ndミニアルバム「サイサリス」が発売されるため、エンタメ情報サイト・ORICON STYLEのインタビューに応じたが、
その中の発言が一部ネットユーザーからひんしゅくを買っている。

KAT-TUN在籍中に会員制バーを経営するなど「度重なるルール違反行為があった」として、
2013年にジャニーズ事務所を解雇された田中。昨年10月には元HIGH and MIGHTY COLORのメンバーらとともにINKTを結成し「KOKI」名義でボーカルを担当。
11月に1stアルバム「INKT」をリリースしている。

「23日配信の『オリコン』のインタビューで田中は『いずれは海外で挑戦してみたい』と、野望を明かしています。
また、今後は高校や大学の学園祭などでライブを行うことにも興味があるようで
『これからの子たちのところに行って、夢を与えてあげられたら』などと語っていました」(芸能ライター)
初週売り上げは3819枚

しかしINKTといえば、元NEWSメンバー・森内貴寛(27)がボーカルを務めるONE OK ROCKの“パクリ”と揶揄されただけでなく、
1stアルバムはオリコン週間ランキングで17位に入るも、初週売り上げは3,819枚と大爆死したことがネット上で話題になっていた。
そのためネットユーザーからは田中の発言に対し、

「与えてあげる 随分と上からですね…」
「実力はともかく目指すのは自由だからね(笑)しかし夢を与えてあげられたらって自分から言うことか(笑)?」
「世界どころか日本でも厳しい」

など辛口コメントが続出している。また、先述のようにジャニーズを“クビ”になったのは
自身の素行不良が原因だったことも指摘されており、

「夢を与えてあげられたら、どの口が言ってるの?自分はファン裏切ってジャニーズ首になったくせに」
「KAT-TUN時代のファンの夢は壊してたけどね」
「みんなに迷惑かけっぱなしでめちゃくちゃにした人間が、世界で活躍できるわけないだろ」

と、バッサリ斬られていた。世間の風当たりは強いようだが、新たな仲間と今度こそ音楽界で成功を掴めるだろうか?

http://news.livedoor.com/article/detail/10046971/
2015年4月25日 7時50分

http://news.livedoor.com/article/image_detail/10046971/?img_id=8313393
批判を跳ね返し、ビックバンドになれるか


Real Face
続きを読む

嵐の元スタッフが暴露本を出版! 嵐メンバーは意外と不仲で性格も悪かった

1:2015/04/18(土) 09:01:08.10 ID:
国民的アイドルグループ・嵐の、デビューからブレイクまでの軌跡を描いた本『嵐、ブレイク前夜』(元「嵐」側近スタッフ一同/主婦と生活社)が17日に出版されることがわかり、
ファンの間で話題を呼んでいる。というのも、この本はジャニーズ公式本ではなく、元関係者による暴露本なのだ。

本サイトでも繰り返し指摘しているが、大手出版社はジャニーズタブーのため、「週刊文春」(文藝春秋)など一部をのぞけば、
ジャニーズタレントのスキャンダルといったネガティブな話題を報じることはほとんどない。
とくに女性誌は"ジャニーズの広報誌"状態。そんななか、「文春」ほどハードではないものの、
女性誌では唯一ジャニーズスキャンダルを扱ってきたのが「週刊女性」だ。
今回の暴露本はその「週刊女性」擁する主婦と生活社から出版されたのだが、
今週火曜日発売の「週女」では、さっそくデビュー直前に起きたジャニーズJr.飲酒事件が嵐の人選に大きく影響したことなどを同書から前打ちしている。

だが問題は、内容の信憑性だ。事情を知る週刊誌記者は、こう話す。

「『週女』はかなりのディープスロートを掴んだようです。著者は匿名で『元側近スタッフ一同』とされており、また内容もかなりオブラートに包んでいますが、
嵐をデビュー当時から担当していた元マネージャーといわれています」

元側近が明かした、嵐の素顔──。話題性は抜群だが、この暴露本について「週女」とネットニュース以外のマスコミは完全スルー。
後追いなどが報じられる気配はまったくない。だが、同書のなかでは、嵐のかなり近くにいる人間でなければ窺い知れない、意外すぎる姿が暴かれている。

たとえば、もっとも衝撃的なのは、メンバー間の"不仲"ぶりだ。嵐といえばメンバー同士の仲がいいことで有名で、
ファンの間では仲良しエピソードがよく語られている。そもそもアイドルグループにはライバル同士のメンバーが張り合ったり、
多少の不仲やギスギス感がつきもの。しかし嵐は"5人とも性格が良く、メンバー全員が仲良しのグループ"というイメージがその人気を支えてきた。
......が、同書によると、実は嵐もなかなかギスギスしていたことがわかる。

▽"お互い無視"の二宮と松本

その一例が、ファンの間でもなかなか絡みが見られないといわれている、二宮和也と松本潤の最年少コンビ。
本書はその理由を、二宮と松本が「結成から数年は仕事以外ではろくに口もきかないほどの不仲だった」と綴っている。
 
というのも「裏方志向が強く、制作や演出の仕事がしたくてジャニーズを辞めることも考えていた」という二宮は、
「常にガツガツとしている松本が苦手」で、逆に松本は松本で「何かにつけてゆるく見える二宮がそれでいて人気があることに、
釈然としない思いを抱いていた」のだという。

http://news.infoseek.co.jp/article/litera_1925
リテラ(2015年4月16日22時23分)
続きを読む

【ドラマ】キムタクドラマ「決めゼリフ」がヒットの鍵!?

1:2015/03/29(日) 13:59:52.71 ID:
SMAP・木村拓哉(42)のテレビ朝日連続ドラマ初主演作「アイムホーム」(木曜、後9・00)が4月16日からスタートする。
“視聴率男”木村は子持ちの父親役でホームドラマに挑み、女優・上戸彩(29)と夫婦役でドラマ初共演。同局の人気ドラマ「ドクターX」と同枠など
話題も多く、4月期ドラマの中でも注目度は高い。
“絶対に負けられない戦い”に挑む同局の横地郁英ゼネラルプロデューサーの
取材をもとにヒットの鍵を探る。

 ドラマは、テレ朝が社を挙げて送り続けたラブコールが実り、木村の連ドラ主演が実現。横地氏は「木村さんがホームドラマをやるという新鮮さを考えた。
インパクトある作品を探す中で『アイムホーム』にたどり着いた」。「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で97~98年に連載された石坂啓氏の同名漫画を原作に決めた。
 作品は単身赴任先で起きた事故で直近5年間の記憶が曖昧になってしまった、木村演じる家路久(いえじ・ひさし)が、手元に残った10本の鍵を元に、過去の自分を探す。
久は記憶を失ったことから、5年前に再婚した妻の恵(上戸)や子供が仮面を付けたように見えるという設定だ。

 ドラマの骨子も決まり放送に向けて動き出したが、「プレッシャーは、メチャメチャありますよね。注目されますから」と重圧と戦う横地氏。
初回視聴率も注目されるが、「言い数字はとりたいですけど、今は『面白い台本を作って、面白いドラマを最後まで作りたい』としか、いえない」と制作に奔走する。
 アイデアを振り絞る横地氏が楽しい作品に仕上げるために考えた要素の中で注目なのが、「決めゼリフ」と「後味の良さ」が挙げられる。

 近年、「ヒットドラマに名言あり」の傾向が見られる。日本テレビ系「家政婦のミタ」(11年)は「承知しました」、TBS系「半沢直樹」(13年)は「倍返しだ!」、
「ドクターX」シリーズ(12~14年)は「いたしません」「私、失敗しないので」と流行になった決めゼリフが残されている。
 もともと、自身の手掛けたドラマに大好きな決めゼリフを用意してきた横地氏は今作でも、「用意してますね。ひとつしかないけど、定着すればいいなと思っています。木村さんに、やっていただいてみて、どうなるか。
1話から出ます」と準備していることを明かす。具体的な言葉は本番まで秘密としたが、「主人公は記憶がないから忘れないようにメモをするんですね。そこでいう言葉が決めゼリフっぽくなるかも」と期待している。

 もう一つは視聴後の「後味の良さ」。「半沢-」「ドクターX」は強者に打ち勝つ様が爽快感を残した。
「アイムホーム」も、見た後にスッキリした作品作りを心がけているといい、横地氏は「原作は苦さや暗さが味だったりしますが、ドラマでは明るさ、コミカルな要素、後味の良さを気にしながらやっています」と語る。

 バラエディーでも活躍する木村もコミカルシーンは楽しんでいるようで、横地氏は「コミカルシーンはのってらっしゃる。コメディーの才能もすごくある方。(現場を)ひっぱっている」と手応えを口にする。

 制作にも力を入れている。今月15日にクラインクイン。最初の撮影は主人公が記憶をなくす爆発事故のシーンだった。横地氏は「大規模な撮影から入りました。
スタッフも普段の倍ぐらい」と大がかりな撮影でインパクトある画を撮影。手の込んだ作品に仕上げていくつもりだ。

 初回ゲスト出演は俳優・香川照之(49)に決定。今後のゲスト、上戸らの仮面姿、物語のキーとなる10本の鍵の増減など見どころは盛りだくさん。
コミカルとシリアスの両シーンに手応えを見せる横地氏は「笑いながら泣けるようなドラマとして期待していただきたい」。
視聴者の共感を呼ぶ決めゼリフや後味を残した先に、好結果が待っている。

(デイリースポーツ・上野明彦)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00000043-dal-ent
続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。