アクセスランキング
スポーツ

カテゴリ:スポーツ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【野球】田代前コーチが激白した「楽天・三木谷オーナーの介入実態」「いびつな構造」

1:2015/08/02(日) 10:08:23.66 ID:
楽天・田代富雄打撃コーチ(61)の退団騒動が波紋を広げている。
30日、シーズン途中で異例の退団となった舞台裏では何があったのか。
そして三木谷浩史オーナー(50)の現場介入は…。「最後のクジラ――大洋ホエールズ田代富雄の野球人生」(講談社)で田代氏の半生を活写した赤坂英一氏が、
やむにやまれず堪忍袋の緒を切った田代氏の胸中に迫った。

携帯電話の向こうで、楽天を退団した田代前打撃コーチが言った。
「許せないもの」とは再三再四にわたる三木谷オーナーの現場介入である。
大久保監督と考えたオーダーをひっくり返され、代打や走塁にまで口出しされ、打撃コーチとしての意見をないがしろにされている現状に我慢がならなかった。

「ただし」と田代前コーチはこう念を押している。

「デーブ(大久保監督)はよくやってくれたよ。彼には感謝してる。
ずっとおれたちコーチの前面に立って、何とか現場の声を生かすよう頑張っていた。
個人的にも、随分気を使ってくれたしね。しかし、いつまでもああいうことが続くと…」

三木谷オーナーはそこまで干渉するのかと私が最初に驚かされたのは、大久保監督が監督代行だった昨年7月16日のオリックス戦である。
このシーズン初めての中4日登板だった則本が4点を失うと、4回途中で捕手の嶋とともにバッテリーごと交代を命じた。
ベンチ裏で荒れる嶋に大久保監督が「申し訳ない。仕方がなかったんだ」と謝罪。
この光景を見ていた関係者の誰もが「絶対に優勝なんてできないだろうと思った」と口を揃える。

そうしたこともあってか、田代前コーチは昨年で退団するつもりだった。
しかし、「残ってデーブを助けてやってほしい」と星野SAに説得されて翻意。
選手の指導や打線の強化に努めていたのだが、自分の意見を三木谷オーナーにないがしろにされたのは一度や二度ではなかった。
期待を込めてスタメンに入れた選手を、鶴の一声で外されることも少なくなく、かなり腹に据えかねていたという。

その間、大久保監督はよく「田代さんにはすまないことをしてます」とこぼしていた。
「中川の4番抜てきはぼくの意見」「牧田やペーニャの2番起用もキャンプ中からの構想」など、いかにして自分や田代前コーチの考えを貫こうとしているか、
私の取材にいつも苦しい胸中を明かしていたものである。

しかし、選手時代から現場一筋の田代前コーチにとって、楽天のいびつな構造は到底受け入れ難いものだった。
最大の頼みとする田代前コーチに去られた大久保監督の胸中もまた察するに余りある。
プロ野球の世界、やはり餠は餠屋、ユニホーム組のことはユニホーム組に任せておくべきだ。
三木谷オーナーがその真理を理解しない限り、楽天の再浮上はあり得ない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00000012-tospoweb-base
東スポWeb 8月2日(日)10時1分配信


三木谷オーナー(右)が大久保監督に何やら指示を出す場面も・・

順位表
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/data/standings/
続きを読む

【競馬】JRA美女騎手候補生・藤田菜七子“17歳の胸の内

1:2015/07/23(木) 12:07:52.20 ID:
JRA美女騎手候補生・藤田菜七子“17歳の胸の内”「楽しくて仕方ない」

JRAはローカル競馬が真っ盛り――。そんな中で真夏の東西トレセンでは来年の騎手デビューを目指す候補生
(競馬学校騎手課程第32期生)が厩舎実習で切磋琢磨している。そのうちの一人が藤田菜七子騎手候補生で、
今秋の模擬レースなどを経て試験に合格(来年2月上旬発表)すれば、JRA7人目の女性騎手として
3月にデビューとなる。大きな夢にまい進する17歳の胸の内に迫った。

――まず、騎手を目指すきっかけから教えてください
菜七子:家族や親戚に競馬関係者がいるわけではないんです。でも、小学5年生ぐらいのころだったと思いますが、
たまたまテレビで競馬中継を見て、とにかく「カッコイイ!」って思ったんです。それで、自分も馬に乗ってみたくて
乗馬を始めました。それが騎手になろうと考える入り口になったと思います。

――競馬学校を受験→入学に際してご家族の反応は? 紅一点だし、危険と隣り合わせの毎日。心境はどんなものだったのか
菜七子:受験すると決めた時も、特に反対されることはなかったです。「やりたいなら頑張ってみればいいよ」
という感じでした。女子がいないということに関しては自分自身、最初から不安も戸惑いもありませんでしたし、
今も気になることはありません。競馬学校では先生方が、厩舎ではスタッフの皆さんがいつも気にかけてくださって
不都合もないですね。ありがたく思っています。馬から落ちたことは当然ありますが…やっぱり痛いですけど、
トラウマになったり恐怖感を持ったりとかはまったくありません。

――1年に及ぶ実際の厩舎実習はどうですか
菜七子:トレセンで乗せていただいている馬は、競馬学校で乗る馬とは違って現役の競走馬ですよね。
だから、馬主さんを始めその厩舎に関係する方々など、背景には多くの人が関わっています。
それだけに責任は重大だなと感じています。攻め馬で失敗することはもちろんあって反省しますが、
逆にうまく乗れた時はとてもうれしくて。そういう意味でも厩舎実習は本当に楽しくて仕方がないんです。

(中略)
――来年の騎手免許取得に向けての試験まで残すところあと約半年。率直に今の気持ちを
菜七子:9月には厩舎実習を終えて学校に戻ります。もっと筋力をつけなきゃいけないなとか、
いろいろ課題もあるんですが…一つひとつ地道にクリアしていければ、と思っています。
でも、試験には絶対に受かるんだ! そして絶対に騎手になるぞっ!ていう強い気持ちで突き進んでいくつもりです。
騎手になるということに対してみじんの迷いもありませんから。精一杯頑張りますので、騎手としてデビューできた時には、
ちょっぴり応援していただければうれしいです。よろしくお願いします!

☆ふじた・ななこ=1997年8月9日生まれ、茨城県出身。血液型A。13年にJRA競馬学校騎手課程
第32期生として入学。現在は美浦・根本厩舎で厩舎実習中。スイーツ大好きの17歳。

(一部省略、全文はソースで)
Yahoo!ニュース(東スポWeb 7月23日(木)5時57分配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000004-tospoweb-horse
調教後は優しくスキンシップを欠かさない藤田騎手候補生


「エイ」と気合を入れる空手初段の藤田騎手候補生
続きを読む

【MLB】なぜ藤川球児の阪神復帰はなかった? 「正直、腹立ちました」と明かした不信とは

1:2015/07/22(水) 06:15:02.65 ID:
今年6月に独立リーグ・四国アイランドリーグplusの『高知ファイティングドッグス』で日本球界に復帰をした藤川球児。

週プレNEWSでは第一弾・第二弾と独占インタビューをお送りしてきたが、今回の最終回ではインタビュアーである野球解説者の橋本清氏を通して、
阪神復帰報道などメディアに対して感じた不信感から野球界への思いまでを熱く語ってくれた!

 * * *

スポーツ紙の報道には正直、腹が立ちました

橋本 最初、俺も新聞の報道見て阪神戻るんやなと思ってたけどね。

藤川 なんかもう決まってる話みたいな。獲得方針で本人も了解とかね。全然ちゃうのに、なんでこんなメディアが先行するんやって。仕方ないんでしょうけどマスコミ主導になってしまう。
自分でも本当に必要としてもらってという条件が一番にあって、それがタイガースなら他とは話をせずにという思いはありましたよ。

橋本 それで阪神と話はしたんやろ。必要やという熱意が伝わらないというか認識にズレがあったの?

藤川 ズレというか、そもそも日本に戻って、まず家族と過ごすのに地元のアイランドリーグでやりたいなと。
兄貴が高知のGMやってた縁もあって、トップの人に連絡して意向は伝えてたんですよ。

ただ、道義もあるんでNPBから話があったらそっちも聞かなきゃいけないなと。
交渉するのが阪神なら阪神で、それがイヤやから断って、しょうがなくこっち行ったみたいに思われるのは困るんで。
実際、選択肢は自分で取るもんやと思ってましたし。

橋本 阪神との話があって、合わんかったから高知行くというんではないぞと。

藤川 そうです。それで、もし絶対に阪神が戻ってきてくれというならこんな幸せなこともないし。
それに応える覚悟もあるけど、それがぼやけて見えなかった。タイガース自体、そこまでじゃなかったと思いますしね。

橋本 まぁ今の球団内の事情とか思惑もあるやろしな…。球児が戻ったらいろいろモノ申すキャラやし(笑)。

藤川 そういうのも怖いでしょうね(苦笑)。僕は嘘つかないですから。それでいうと、そのマスコミでも阪神決定とかね、
アメリカで140キロしか出てないからタイガースしかオファーがないとか、そういう嘘の記事もびっくりしたし、正直、腹立ちましたよ。

情報操作というか格安な条件で取りたいために流してるんちゃうかと。
いらないけど、ダメな落ち目の選手を戻してやったみたいな話にされるんやったらナメすぎちゃう?って。悔しいですよね。

橋本 そりゃ、そうやなぁ。

藤川 そんなんで古巣やから入れてもらえませんかって行くくらいなら最初からやってない。
僕のキャリアなら辞めなきゃいけないですよ。
お客さんに失礼やし、ファンに報いるプレーができると思ってどの球場であっても、またグラウンド立つわけですから。

ほんまお金の問題じゃないし、どこのポジションで使うとかでもなく必要とされる場所で投げたい。
そこらへんの気持ちがぐじゃぐじゃして、プラスかマイナスか自分の人生設計の中でぼやけて。
野球選手の自分と本当の自分といるのをどっちが行きたい方向なのかといったら、本当の自分がどう見ても勝ってた。それで高知にしたんです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150722-00051043-playboyz-base
週プレNEWS 7月22日(水)6時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150722-00051043-playboyz-base.view-000
今年6月、独立リーグ・四国アイランドリーグplusの『高知ファイティングドッグス』で日本球界に復帰をした藤川球児
続きを読む

野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」

1:2015/07/15(水) 19:14:08.91 ID:
公共の電波を使った炎上商法と話題のTBS「サンデーモーニング」の張本勲の喝!に代表されるコメントの数々。常に番組を盛り上げたいサービス精神なのか
日曜の朝から人によっては胸糞の悪いご意見番の鋭い珍コメントが話題になっているが、
日本プロ野球界にとっては3000本安打のレジェンド・オブ・レジェンドということで、腰が引けて物申す選手も元OBも殆どいない状況・・・
そんな中、俺たちのノムさんこと野村克也が、張本氏に一矢報いる現役時代の素行批判を展開し喝采を浴びている。

7月13日の横浜DeNA対巨人戦の副音声に登場した野村克也、相変わらず辛口というよりはグチグチと野球を見ながら批判と侍ジャパンへの厳しい口撃を続けたが、
同じくゲストだったテリー伊藤が「野村さんは(西武の)秋山選手を見てると張本さんを思い出すのでは?」という質問をすると、
テンション高めで「張本は全然大したこと無いよ。バッティングだけしか興味が無い。
守備なんていないと同然」と批判を開始。「張本さんは足は速かったの?」という質問には「速いよ!内野安打の時のあのスピードは。ピッチャーゴロの時は走らないよ。
バッターボックスからそのままUターンしてベンチ帰ってくる」と、張本氏の現役時代の「悪癖」を暴露。

さらに「朝のテレビで色々選手批判をしてるけど、彼は選手批判をする資格ないですよ。
彼と同じ世代をやった人間としてね、彼の談話を聞いてると、お前人の事を言えるのか?とテレビに向かって文句言ってる」と、
毎回厳しいコメントで知られる張本氏を試合そっちのけで口撃し続けた。

最後に「彼の側ではこんな話しゃべらないよ。手が早いからぶん殴られそうだ」と笑いながら語ったノムさんだが、
「サンデーモーニング」での張本氏の暴走老人振りに視聴者としてムカついていたことがありありと判るコメント。

ネット上では「ノムさんだけだこんな事いえるのは」「試合が全く入ってこない」といったコメントが並んだが、西武の秋山選手についての会話から、
いつの間にか張本氏批判への意味不明過ぎるシフトチェンジ、今後「サンデーモーニング」での2大巨頭の対決も含め大注目である。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150715-00044545-aol
2015/7/15 12:00 - AOLニュース
続きを読む

【フジ】ロナウドが水曜歌謡祭に出演 あまりにも歌が退屈すぎて苦痛な表情

1:2015/07/10(金) 10:29:00.92 ID:
『フジテレビ水曜歌謡祭』に出演したロナウド / あまりにも歌が退屈すぎて苦痛な表情
視聴者「ロナウドかわいそう」

サッカー界のプリンスと言われている、ポルトガル出身のクリスティアーノ・ロナウド選手。
サッカー界では英雄として絶大な人気を誇り、日本にも多くのファンがいる人物だ。

・苦痛のような表情で歌を聴いていた
そんなロナウドが『フジテレビ水曜歌謡祭』にゲスト出演。「ロナウドに聴いてほしい日本の
元気が出る歌」というテーマで複数の日本人歌手の歌がうたわれたが、終始、ロナウドは
退屈そうな、いや、苦痛のような表情で歌を聴いていた。




・つまらない感は尋常ではない
周囲の出演者はノリノリで場を盛り上げようとするが、ロナウドだけは腕を組み、「どうして
いいかわからない」といった表情で歌を聴いていた。このやらされている感、仕方ない感、
面倒くさい感、つまらない感は尋常ではない。以下は、視聴者の反応である。

・視聴者の声
「ロナウドがかわいそすぎて見てられない」
「企画自体が強引すぎるだろw もはやこじつけに近いw」
「ロナウドが「おいおいなんだここは」って顔してる」
「ロナウド日本の番組にもう呼ぶな、可哀想だろ」
「ロナウドさんは嫌なら帰れば良いと思うけど」
「なんでテレビに出てんのか謎なんだけどw しかも歌番組ww」
「ロナウドかわいそう、俺全然関係ないけど恥ずかしくなった」
「ほんとにロナウドさんつまらなそうだったよなあ」
「長いシーズン終わってせっかくの休暇なのに可哀想」
「ロナウドには申し訳ない気持ちで一杯」
「確かにあの番組出てるロナウドの冷えっぷりこわかった」

・ロナウドがかわいそう
多くの視聴者が、ロナウドがかわいそうで見ていられなかったようだ。確かに、どうして
歌番組にサッカー界のロナウドを呼んだのか理解できない部分があるのは確かだ。皆さんは、この放送をどうお思いだろうか?

http://buzz-plus.com/article/2015/07/09/ronaldo/

3
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1436431985/
続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。