アクセスランキング
スポンサー広告 > 【放送】「こんなはずじゃ……」日テレ社員がボヤく、スポーツクラブ「ティップネス」への出向辞令
芸能全般 > 【放送】「こんなはずじゃ……」日テレ社員がボヤく、スポーツクラブ「ティップネス」への出向辞令

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【放送】「こんなはずじゃ……」日テレ社員がボヤく、スポーツクラブ「ティップネス」への出向辞令

1:2015/04/15(水) 13:55:42.02 ID:
「テレビの番組作りがしたくて、テレビ局に入社したのに……」

視聴率3冠王者の日本テレビ社員たちから、こんなため息が聞こえてくる。

「最近、日本テレビの管理職クラスの社員数十人に、スポーツクラブ『ティップネス』への出向の辞令が出た。
当然、断ればサラリーマンとしての未来はないわけです。
局内の別の部署ならいざ知らず、まったく畑違いの業界では、もはや“テレビマン”ですらない。
青天の霹靂の人事に、指名された社員たちは完全にやる気を失っていますよ」

日本テレビホールディングスがスポーツクラブ大手「ティップネス」を350億円で買収したことを発表したのは、昨年12月のこと。
それ以降、日テレ社員たちは「誰が貧乏くじを引くのか」と戦々恐々の日々を過ごしているという。

「ティップネス」は、1986年にサントリーが設立。2014年1月末現在で61店舗、会員数は25万1,000人を抱える業界の最大手だ。

とはいえ、なぜ日テレは異業種への参入に踏み切ったのか?

「2020年の東京五輪に向けた、局のPRのためですよ。
放送事業のCM収入が先細りする中、健康関連事業は放送事業に次ぐ“第2の柱”になると、上層部は見ている。
その目玉として検討されているのが、EXILEのメンバーによるダンス教室。
さらに、その教室からEXILEの姉妹グループメンバーを誕生させることができれば一挙両得というわけです」(日本テレビ社員)

だが冒頭のように、日テレ社員たちには“姥捨て山”のように受け取られている出向辞令。
そんなモチベーションで、果たして新規事業を成功させることができるのだろうか?

http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150415_649291
(2015年4月15日13時00分)
18:2015/04/15(水) 14:12:24.20 ID:
>>1
スポンサーもこんなのに利用されるだけで全然宣伝にならない地上波への資金提供打ち切っちゃえよ
45:2015/04/15(水) 14:56:26.25 ID:
>>1
男接待(意味深)人員育成なのかもね
77:2015/04/15(水) 16:21:33.14 ID:
>>1
上重の出番だな。


引用元:
関連記事
ブログパーツ


スポンサード リンク


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。