アクセスランキング
スポンサー広告 > 能年玲奈「そのまま」がいい―今の胸中を語る「すごい人には、自分から関わっていきたい」
女性芸能人 > 能年玲奈「そのまま」がいい―今の胸中を語る「すごい人には、自分から関わっていきたい」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能年玲奈「そのまま」がいい―今の胸中を語る「すごい人には、自分から関わっていきたい」

1:2014/12/20(土) 08:31:43.54 ID:
女優の能年玲奈がモデルプレスのインタビューに応じた。東村アキコ氏の人気コミックを
実写映画化した『海月姫(くらげひめ)』(12月27日公開)で主人公の“クラゲオタク”を熱演
した能年は、自身について「“演技オタク”でありたい」と願望を語り、一つ一つの役柄への
取り組み方、共演者たちとの関わり合い、そこから受けたたくさんの刺激を告白。今年も
話題に事欠かなかった彼女が、熱き胸の内を明かしてくれた。

◆不安になるくらい、演技オタク

イラストレーターを志して上京した主人公・倉下月海(くらしたつきみ)は、大好きなクラゲ
には惜しみない情熱を捧げるものの、いわゆる“女子力”はゼロに等しい。おさげにすっぴん、
メガネ、ジャージという姿で渋谷に繰り出せば、街のおしゃれ女子に指をさされて、
いたたまれず逃げ出してしまうほどだ。

そんな月海に「割と似てる…。休日はお化粧もしないし、家から出るのも精神的に一苦労
なんです(笑)」と強いシンパシーを感じた能年。自身も兵庫県から上京し、約5年が経ったが
「渋谷に1人で行くのは、今でもちょっと怖いです」といい「上京したての頃は、家にいる時は
ずっとクレヨンで絵を描いて、ストレスを発散していました」と内にこもりがちな月海と重ね
合わせて、当時を振り返った。

自宅では絵に没頭するという点でも月海と似ているが、そのモチーフは可愛らしいクラゲ
などではなく、「“画面真っ暗”な絵を描いてました。その時は暗い作品が好きだったから、
その世界に浸っていたんだと思います」。休日も演技のことを考えて、その熱をあらゆる
方法で発散するのは今も同じ。

むしろ「演技オタク」ぶりは加速する一方で「作品を見て面白い演技に触れると、その日は
一日中ものまねをしたりします。最近はドラマ『最強のオンナ』の藤山直美さんや、映画
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のベニチオ・デル・トロさん」と熱弁。演技をしていない
日が続けば不安に駆られるほどで「今は『海月姫』を見てもらうために頑張っているんです
けど、お休みがあって、作品を見ていると『私が出たい!』って思いますね」と知られざる
野心を打ち明けた。

>>2以降につづく)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141220-00000001-modelpn-ent
12月20日(土)7時0分









2:2014/12/20(土) 08:32:05.07 ID:
>>1つづき)

◆その役を、自分が演じる意味

作品ごとに「その役に集中して、どうやれば楽しんでいただけるものになるかを突き詰めて
いく」作業を繰り返す。今作においては、原作の世界観にとことんこだわるが故に「すごく
時間がかかって、終盤はキャストやスタッフのみなさんもヘロヘロで、『これは乗り切れる
のか?』という不安の中、撮影していました」と過酷を極めたが、そんな苦労を経験したから
こそ「見ていただく人に楽しんでもらうためには、自分も楽しんで打ち込んでいかないと力の
ある映像にならないというのが改めてわかりました」と学んだことも大きかった。

また、個性あふれる俳優陣と演技でぶつかり合う中で、能年玲奈という女優の軸も見えて
きた様子。特に今作では、政治家役を演じた平泉成からの言葉が印象的だった。

「平泉さんとじっくりお話する時間があったんですけど、『そのままでいてね』と言われました。
『色んな役をやるけれど、別人になることはできないんだ』とおっしゃっていたのが印象に残って
います。私も、演技は自分らしい解釈をすることが重要だと考えていて。どんな役を演じたと
しても、必ず“自分だった”ということを認識してもらえないと意味がない。自分らしい解釈が
できなければ、誰が演じても同じだという意識があったので、その話をしていただいた時に、
心にストーンって入ってきました」

そう語る眼差しは驚くほどに力強い。そして、そんな共演者たちとの関わり方にも変化が。
「前までは怖くて、共演の方々に話しかけたりできなかったんですけど、最近は勇気が出る
ようになって、『遊んでください!』とか、言えるようになりました」。

そのきっかけは「(『あまちゃん』で共演した)小泉今日子さんに“ミシンデート”に連れて
行ってもらって。本当のママみたいに接していただけていると感じた時に、『甘えていい
のか!』って思いました。やっぱり『すごい!』って思った人たちには、自分から関わって
いきたい。それが悪いことじゃないんだって、気づいたっていうか…」。

そうやって、同じ演技を愛する人々と深い関係を築けるようになったことも、女優として、
ひとりの人間としての大きな成長につながっているようだ。
(以下略、全文はソースをご覧ください。)










4:2014/12/20(土) 08:36:02.15 ID:
青好きだね
青い服似合う子好きだよ!
12:2014/12/20(土) 08:51:57.97 ID:
17:2014/12/20(土) 09:33:42.49 ID:
>>12
これデブっただけ


中1のときはかわらん

19:2014/12/20(土) 09:35:09.06 ID:
いい感じになってるね
水野美紀くらいの美人さんになってほしい
23:2014/12/20(土) 09:55:49.08 ID:
なかなかいいインタビューだな
25:2014/12/20(土) 09:59:12.05 ID:
かわいいは正義
26:2014/12/20(土) 10:06:07.34 ID:
高校時代デブったおかげで保存された感じになってるよな
22歳にしては幼い感じがするw
28:2014/12/20(土) 10:14:14.98 ID:
>>26
たぶん

中3から高校時代は中1より10キロは太ってる
36:2014/12/20(土) 10:25:59.85 ID:
>>28
それはただの成長期
30:2014/12/20(土) 10:19:30.07 ID:
広末みたいな危うさを感じる
31:2014/12/20(土) 10:19:48.26 ID:
かわいいな
しかしやっと「女優」が出てきてくれたか、という感じ
潰されずにがんばってほしい
元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1419031903/
関連記事
ブログパーツ


スポンサード リンク


管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。